日本人ラッパー名鑑「SALU」




・本名:非公開

・生年月日:1988年

・出身:北海道札幌市 現在は神奈川県厚木市

・所属:ONE YEAR WAR MUSIC / LEXINGTON CO., LTD / トイズファクトリー

・身長:175 くらい?

・MCネームの由来:日本人がイエロー・モンキー(黄色い猿)と呼ばれているのを知り、自らイエロー・モンキーと呼んでいたら面白いかもと思い、風刺の意味も込めて自ら名乗るようになる

・RAPを始めたきっかけ:中学2年の時にラジオでKick The Can Crewの『カンケリ』を聴きRAPを始める

・リリック提供したアーティスト:香取慎吾、尾崎豊の息子である尾崎裕哉、湘南乃風の若旦那、韓国のラッパーiKON 等

 

 

ストーリー

・1988年 北海道で生まれる。父親の影響で4歳で「Dr.Dre」の”Let Me Ride” を聴き音楽と出会う

・14歳の時ラジオでKick The Can Crewの『カンケリ』を聴きリリックを書き始める

・18歳の時に神奈川の鵠沼に引っ越す

・20歳の時に1年間シンガポールにてラーメン屋の店長として働く

・その後、現在住んでいる神奈川県厚木市にて本格的にラップを始める

・アメリカのラッパーのトラックだけをネットからダウンロードして、原曲のフロウのまま聴こえる日本語を当て練習し、だんだん意味も持たせたくなっていき、その練習を1人でやりまくる日々

・そんなビートジャック作品を60曲くらい録りためたりもしていた

・2010年 OHLDの紹介でSEEDAと出会い、音源を渡した事がきっかけとなり「CASH&THE CASHER feat.SALU & OHLD」を作成。そのレコーディングがBACHLOGICのスタジオで行われ、BACHLOGICがSALUの才能に惚れ込みONE YEAR WAR MUSICを作る事を決意

・2011年 初のMIXTAPE「Before I Signed」を無料配信(完全宅録)

・2012年 1st ALBUM 「IN MY SHOES」リリース

・同年 MTVにてメインMCを務める番組“MTVラボ”がスタート

・同年 初のワンマンライブを開催(チケットはソールドアウト)

・ 2013年 トイズファクトリーに移籍し、メジャーデビューを果たす

・同年 2nd ALBUM「In My Life」リリース

・2014年 3rd ALBUM「COMEDY」リリース

・2015年 SALU & the dreambandgunjo名義でEP「THE CALM」リリース

・2016年 4th ALBUM「Good Morning」リリース

・同年 SKY HIとの共作「Say Hello to My Minions」リリース

・2017年 5th ALBUM「INDIGO」リリース

 

INDIGO

情報カテゴリの最新記事