もうみんなはこれで遊んだ?「韻ノート」が色んな意味でヤバイ

もうみんなはこれで遊んだ?「韻ノート」が色んな意味でヤバイ




RHYME至上主義と言えばICE BAHNだが、そんなICE BAHNも真っ青になる?(FORKさんからすればしらねぇ)「韻ノート」を皆さんはご存知だろうか?

簡単に言うなら「韻検索システム」とでも言えるだろう。GoogleやYahooで検索するかのようになにか言葉を入れたらその言葉で踏める韻をめちゃくちゃいっぱい出してくれるのだ。

やはりこのRAPブームでそういうものを作る人は絶対出てくるもんだ。

試しに自分が尊敬している人の名前でやってみた。

「ダウンタウン」⇒「佐久間駿(誰?w)、ヤクザ風 、カウンタックetc」が出てきた。

この中でリリックにするなら「子供の頃に憧れたダウンタウンみたいに成功して乗り回すカウンタック」とかだろうか?

バトルなら「オマエの見た目はヤクザ風、でもオレのラップの面白さLIKE a ダウンタウン」的なとこだろうか。

なんか韻ノートで調べた言葉でやりくりしようとしてるってだけでなんともダサく感じてしまう。笑

勉強好きなインテリラッパーには愛される国語辞書みたいなものにはなるかもしれないが、これでラップが上手くなるかは全く別の話だろう。

何を言うかも大事かもしれないが、同じ言葉でも誰が言うのかが非常に大事である。

とまぁ真面目に捉えるよりただの遊び道具として使う分にはいいんじゃないくらい気軽なものなんだろう。

まだ知らない人は遊んでみてもいいのでは?

http://in-note.com/

 

ジブラの日本語ラップメソッド

情報カテゴリの最新記事