レジェンド・ラッパーの明日使える豆知識「NAS」編

レジェンド・ラッパーの明日使える豆知識「NAS」編

Illmatic



このコーナーは基本、箇条書きでまとめてあり、またベシャリで使えそうなものを中心に集めていますので、ここでHIPHOP IQを高めていきましょう!!

今回は以前記事にしたJAY-Zと壮絶なBEEFになったこともある「NAS」についてまとめてみたのでどうぞ!!!


・読み方:「ナス」または「ナズ」

・本名:Nasir bin Olu Dara Jones

・出身:ニューヨーク州 クイーンズ地区 ロング・アイランド・シティ地区 クイーンズブリッジ団地

・生年月日:1973年9月14日

・別名:Nasty Nas(ナスティー・ナズ)、Nas Escobar (ナズ・エスコバル)

・尊敬しているラッパー:Kool G Rap

・父親はジャズミュージシャンのオル・ダラ

・弟もラッパーで「Bravehearts」というユニットに属し、ジャングルという名前で活動している

・元嫁はR&Bシンガーの「Kelis(ケリス)」で2005年に結婚し、2009年に離婚している

・離婚の際、ケリスから育児支援として1ヶ月に9万ドルを提示されたが、5.5万ドルで収まった

・1994年、ケリスとの間に女児「Destiny(ディスティニー)」を授かり、NASのリリックでよくNANAという名前で出てくる

 



目次

STORY

・学校を8年生で退学し、ドラッグの売人となる

・退学後もクルアーンや聖書、5%ネイションの教書で勉強を続ける

・漫画家になるか、父のように楽器奏者になろうと思いながらラップしていた

・1991年にMain Sourceの「LIVE at the BBQ」にて初めて世間にラップを披露する。少しかすれた声とRAKIMに影響を受けたフローと16歳とは思えぬ詩的なリリックが話題となる

・その後3rd BASSの客演などを経て1994年に1st album『illmatic(イルマティック)』をリリース

・この「illmatic」は当時のNYの有名プロデューサー達(Large Professor、Pete Rock、DJ PREMIER、Q-TIP達)が参加しており、今でもHIPHOP CLASSICとして有名な作品であり、当時Dr.DREやN.W.A、SNOOP DOGGなどで西海岸HIPHOPが流行っていたがHIPHOPの流行がまた東海岸に戻り始めるきっかけとなった

・1996年、TRACK MASTERSやDr.DREをプロデューサーとして迎え2nd album「It Was Written」をリリースし、300万枚を売り上げ全米チャート1位になるが、2pacにディスられ、NAS自身もこのアルバムは失敗だったと語っている

・1997年には、AZ、FOXY BROWN、CORMEGAらと「The Firm」をDr.DREがプロデューサーとなり活動するが、あまりヒットせずCORMEGAがNASと揉めて脱退。その後NASがネイチャーを加入させるが、またしてもNASと揉めて脱退。結局自然消滅する

・その後、CORMEGAとBEEFに発展するが、2005年には和解している

 

Knowledgeカテゴリの最新記事