日本のBEEF・DIS曲をまとめてみた!Pt.3

やっぱりパート3まで来てしまった。

もよかったらチェックよろしくです!!では早速、、、


Zeebra  vs  Kj (Dragon Ash)  2001年〜2002年

この有名なビーフは遡っていくと2人が仲が良かったところから始まる。

1999年2月24日に発売されたZEEBRAのリミックスアルバム『The Rhyme Animal Remix E.P.2』に、Dragon AshのKjとBOTSがリミックスした「真っ昼間 (Kenji Furuya + Bots Remix)」が収録されている。ZeebraからDragon Ashにリミックスを依頼したとのこと。

そこで仲良くなり、Dragon Ashが1999年5月1日に「Grateful Days feat. ZEEBRA, ACO」を発売し、これがかなり売れたが、その時ZEEBRAはKjのラップに違和感を感じていたり(この時はまだ自分は教科書的に思われているんだくらいで止めていた)、同日に発売された「I ♥ HIPHOP」では、ヒップホップ代表的な姿にも少し疑問を抱いてた。

そんな中で2000年7月12日にDragon Ashが出したシングル「Summer Tribe」でのKjのパフォーマンスが、Zeebraを完全に怒らせた。

 

パーフォーマンスは恥ずかしいくらい似ているし、曲調も真っ昼間に似ている。

こりゃ怒るでしょ。。。

 

そこで2001年3月14日に発売されたDJ OASIS「ハルマゲドン feat. ZEEBRA, K DUB SHINE」にて、Zeebraヴァースが明らかにKjをDISった内容にとなっているのが分かる。

 

REMIXになるが問題のヴァースは2:56頃から

 

そして、その後にHIPHOPのHEADZには有名な2002年10月17日に発売された、Zeebraが所属するキングギドラのアルバム『最終兵器』の収録曲である「公開処刑 feat. BOY-KEN」にてついにKjを名指しでバッチバチにDISしたことが有名。

これに対してKJからのアンサーはないが、これ以降はZEEBRAっぽくはなくなったので反省したんだろう。。。

 


Knowledgeカテゴリの最新記事