日本のBEEF・DIS曲をまとめてみた!Pt.2



前回思ったよりも長くなってしまいまさかのパート2に突入。

もしかしたら3くらいまで言っちゃうんじゃ、、、さっそくいってみよう!!


SEEDA & OKI (GEEK)  vs  TERIYAKI BOYZ 2009年

まずSEEDAが2006年12月にリリースした名盤と名高いアルバム『花と雨』に、「Sai Bai Man」というOKI(GEEK)をフィーチャーした曲が収録されていました。

この曲のHOOKで

あいつ栽培マン?ちょーリリカル?
「おっと、服に枝がついている」
あれは栽培マン?ちょーリリカル?
「サティバのサティアン示す宝のありか」

というリリックがあります。

一方、TERIYAKI BOYZ(RIP SLYMEのILMARI,RYO-Zとm-floのVERBAL,WISE,APEの社長のNIGO)がシングルで「SERIOUS JAPANESE」をリリース。

コチラはHOOKで

それシリアス! (I’m serious!)
チョーシリアス! (I’m serious!)
それシリアス! (I’m serious!)
チョーシリアス! チョーリリカル!
おっ! と 服に猿が付いてる!

I’m キュリアスもサンプリングしつつ、無許可で栽培マンのHOOKを引用。

さらに楽曲の最後でゴニョゴニョ話している部分をSEEDAたちが自分たちの悪口を言っているんじゃないかと思い込む。

これによりBEEFに発展。

テリヤキバーガーを人数分用意して叩き潰すという外人っぽい演出。

これにVERBALはSEEDAを自身のPodcastに出演するように交渉。

SEEDAもこれに応じて出演。

PodcastではVERBALが楽曲の最後の話し声は悪口ではなくてSEEDAのアルバム『花と雨』がいいアルバムだとかを話していると弁明。

だが、SEEDAはラップでアンサーして欲しそうでフリースタイルを仕掛けるがVERBALはフリースタイルが出来ない。でも少ししようと頑張った事でSEEDAは少しだけ許したように見えたが、VERBAL以外からはアンサーを受けてないので許してはいない。

そこで一人置いてけぼりなOKIが一人でテリヤキにDIS

曲でのアンサーを求めましたが、、、これも放置。。

そのまま今もアンサーなしです。




QN(菊地一谷)  vs  NORIKIYO  2012年

まずことの発端はというとNORIKIYOのツイートから、

「今年、2012ですよ。90年代の音楽も好きだけど、新しさや、進化や成長の無い音楽をDOPEと呼ぶのは違うと思うな。やり尽くしたアートフォームをこねくり回して、新しさを探すふりは止めた方がいいよ。そういう奴らは結局模倣で終わってる感じがする。」

「やるならISH-ONE君の最近のフリーダウンロードぐらいのヤバイスキル見せてくんないと、新しさを感じまへん。
ビートも90’sラップスキルも90’sじゃ終わってますよ。模倣品でしょ、ソレは。」

「中国?みたいな。スタイルが。偽ガンダムは笑えるけど要らないよ。」

というツイートがありました。別にNORIKIYOは誰とは言ってませんが、、、

 

同じ地元の後輩である旧SIMI LABのQN(現在は菊地一谷で活動)が噛み付いたがその翌日にはアンサーが、、、

翌日でこのクオリティはさすが。

 

だが、このDISが配信されたその日のうちにQNもアンサー

 

そして、優しい先輩NORIKIYOは一回だけと言いつつ2日後におかわりを届けました。

今は和解してるようです。




GUINNESS  vs  SEEDA  2009年

ことの発端は、直接“TERIYAKI BEEF”に関連したディスではないが、SEEDAが6月創刊の『SOURCE MAGAZINE JAPAN』の表紙オファー(GUINNESSによると、テリヤキバーガーを食べている写真を使いたいというのが『SOURCE』サイドのリクエストだったようだ)を断ったことに対する反論らしいがそれでなぜわざわざGUINNESSが怒ってるのか自分にはよく分かりません。

SOURCEの編集の人も管理不足で情報が漏れてしまいみたいなコメントはしてるみたいですが、だからってGUINNESSが怒るのはやっぱりわかりません。

写真の話も全然出てこず全くよくわからないBEEFです。

SEEDAのアンサーなども入ってる4曲まとめたYOUTUBE気になる方は聞いてみて下さい。


RAU DEF  vs  ZEEBRA   2011年

仕掛け人はRAU DEFなんですが、DISを送るその前からZEEBRAはRAU DEFをツイッターなどで良い評価をしていました。

内容的にも特に何かされたわけじゃなさそうで曲自体も短め。

そしてZEEBRAがアンサー

うん、かっこいいけど内容がやっぱない。

で、RAU DEFのアンサー。YOUTUBEになかったのでダウンロードで聞ける

bit.ly/mKxzrS

がしかし、やっぱり薄い。。

で、このあとZEEBRAのイベントにRAU DEFが出て握手で和解。

和解も何もこんなのスパーリングにもなってない気が。

からの、、、

なんかもう最初からいちゃついてるようにしか見えないのは自分だけか?


 

Knowledgeカテゴリの最新記事